FC2ブログ

わくわく創造アトリエ絵画活動のポイント

わくわく創造アトリエの絵画指導のポイントは大きく二つあります。

《よい環境づくり》 《口出ししない》


《よい環境づくり》とは、
材料・用具など質の高いものを用意し画家が絵を描くときと
できるだけ同じ環境をつくるということです。

◇モチーフを置いて描く
◇イーゼルを立てて描く
◇紙は画用紙を用意する
◇下書きは木炭で描く
◇着彩は筆を使い、アクリル絵具で描く


相模原プレイルームでは絵画の際アクリル絵具リキテックスを使用しています。
リキテックスは発色がよく速乾性があり画面上で程よく混色が行われ子どもの意思を形にとどめやすい絵具です。


《口出ししない》とは、
一番重要なポイントで
指示されたり、批判されたりすると
子どもはもちろん大人もやる気をなくしてしまいます。
教えようとせず、子どもが自分から動き出すのを待って見守ります。

その結果、子どもは活動により集中して質の高い作品がより多く生まれるようになります。

今回の絵画も素晴らしい作品がたくさん生まれました!
一部の作品をご紹介します。

アトリエの5月の絵画活動 「樽 ビン くだもの」
P1390130_convert_20120627103655.jpgP1390042_convert_20120627103340.jpg
P1390090_convert_20120627103600.jpgP1390142_convert_20120627103731.jpg
P1390158_convert_20120627103751.jpgP1390200_convert_20120627103811.jpg
P1390026_convert_20120627103305.jpgP1390228_convert_20120627103832.jpg

「フランスパン 缶詰 卵 にんじん りんご バナナ」
P1390051_convert_20120627103403.jpgP1390071_convert_20120627103436.jpg
P1390075_convert_20120627103507.jpgP1390110_convert_20120627104503.jpg
P1390118_convert_20120627103530.jpgP1390063_convert_20120627122809.jpg
P1390100_convert_20120627122958.jpgP1390104_convert_20120627122901.jpg



スポンサーサイト



絵画活動~円柱のものを描こう!~

5月の3回目は絵画の活動でした。

絵画活動は講師・スタッフも楽しみにしている活動の一つです。
子どもの描いた絵は生き生きとして力強く、今このときにしか描けない自由な表現に毎回感動させられます。

わくわく創造アトリエで絵画の回数は多くはありませんが
積木・造形・料理など様々な活動を体験することによって
再び廻ってくる絵画の活動が豊かになっていく様を感じます。


今回のテーマは円柱。
モチーフは円柱型のものです。
「これなーーんだ?」
P1380637_convert_20120627102118.jpg
隠していた布を取ると…
樽(たる)が出てきてました!
P1380898_convert_20120627102217.jpg
今回描くものは樽とビンと果物です。

親子クラスと幼児クラスの一部は
「しろくまちゃんパン買いに」の絵本をまず読んで
P1380847_convert_20120627103002.jpg
しろくまちゃんがお買い物したものと同じ
長いフランスパン 缶詰 にんじん りんご 卵
などを描くことに。
本物のパンや野菜に興味津々!
触ったり匂いをかいだり
P1380708_convert_20120627102345.jpg

わくわく創造アトリエの絵画は、
モチーフを前にイーゼルを立てて描きます。
P1380944_convert_20120627102809.jpg

まずは木炭で下書き
上手に形がかけたね!
P1380774_convert_20120627102713.jpg
幼児以上は自分でパレットに全色の絵具を出します。
絵具はアクリル絵具リキテックスを使用
P1380765_convert_20120627102439.jpg

そして色を塗っていきます。
講師は何も口出しせず、見守っている状態です。
そうすると子どもは楽しみながらより活動に集中するようになります。
P1380871_convert_20120627102846.jpg
P1380957_convert_20120627103055.jpg
完成。
がんばったよ!
P1380805_convert_20120627114029.jpg

親子クラスは絵画の後あまった時間でビーズ遊びを楽しみました♪
P1380751_convert_20120627103147.jpg

みんなお迎えにきた保護者の方に嬉しそうに自慢するように自分の絵を見せていました。
すばらしい作品の数々にお母さん方も感動していました。

石膏をゴロゴロ転がそう!

わくわく創造アトリエ 5月のテーマは円柱。

2回目は石膏の活動でした。

まず「のろまなローラー」という絵本を読みました。
P1380527_convert_20120619111844.jpg
そして円弧モザイクの作品づくり
みんな好きなように色とりどりの円形の組み合わせをつくります。
P1380585_convert_20120619111925.jpg

次は、円柱型のクリアケースの内側に絵具を塗りつけます。
P1380593_convert_20120619112002.jpg
P1380512_convert_20120619112027.jpg
ここで石膏が登場すると小学生クラスでは
「やったー石膏だ!」
と喜びの声が上がりました。
まだあまり石膏を体験したことのない子は不思議そうです。
「またどら焼つくるの?」
前回の活動を思い出して聞いてきた子も。

さあ石膏ワールドへ出発!

水を入れて混ぜます。
僕がやる!とやる気満々♪
P1380514_convert_20120619112110.jpg
混ぜているうちにサラサラしていた石膏液がドロドロになってきたら…
P1380597_convert_20120619112200.jpg
急げ急げ~!
先ほどの円柱ケースに石膏液を流し込みます。

空かないように蓋をテープで貼ったケースを転がして遊びます♪

いままでの石膏の活動だと、
液を型に入れたらそのまま固まるまでそっとしておくことが多かったのですが
今回は転がして遊んで楽しみました。

石膏が固まりだすといろいろな変化が…
重さが変わって、転がる様子もゴロゴロゴロ…と早かったのがゴーロゴーロ…と遅くなります。
「のろまなローラーみたいだね!」
硬化のとき熱を発して温かくなってきます。
子ども達も不思議そうでした。
「なんで温かいんだろう?」
P1380559_convert_20120619112259.jpg

蓋を外すと、
中心部分が空洞になっていることにまたビックリ!

そしてつるつるした表面は
最初につけておいた絵具が石膏を転がしている間に混ざって
幻想的なマーブル模様になってとても綺麗でした。

内側に色を塗って完成♪
P1380572_convert_20120619112501.jpg

石膏の活動が初めてだった子も、
形状が変わる様子や出来上がりの美しさに感動し石膏ワールドを堪能したようでした。

またやろうね♪

わくわく創造アトリエ相模原プレイルーム

ドラえもんの好きな食べ物はなぁに!?

アトリエ5月のテーマは円柱。

1回目の活動は、お料理でした。
わくわく創造アトリエでは、創造活動の一つとしてお料理活動を行っています。

アトリエに通っている子ども達はみんなお料理が大好きでやる気満々。
お家でも、
「アトリエで作った料理をつくってくれた」
「卵を割りたがる」(2歳児)
「いつのまにか包丁を上手に使えるようになった」(小学校高学年)
などなど、保護者の方からお子さんの意欲的な様子をよく聞きます。

忙しいときに子どもが手を出すと余計大変…という時もあると思いますが、
なるべくお家でもお料理を手伝う機会をつくってあげるといいですよね。
本物の経験が増えるほど自信につながっていきます。

さて、円柱のお料理に戻りますが、

講師 「丸くて茶色いもの2枚の間にあんこがはさまれてる、ドラえもんが好きな食べ物なーんだ?」

子ども達 「どら焼!」

というわけで、どら焼をつくりました。

まずは小豆を煮て餡子を作ります。
P1380291_convert_20120607201826.jpg

餡子が好きじゃない子もいるので、
カスタードクリームも作りました。
P1380242_convert_20120607201743.jpg
手作りカスタードクリーム、予想以上に簡単でプルプル美味しく出来ました♪

皮の生地をつくり、ホットプレートに流していきます。
P1380447_convert_20120607202038.jpg
どら焼の失敗しないコツは、焼く温度にあるそうです。
薄いので油断するとすぐ焦げてしまいます。
プツプツとしてきたらすぐひっくり返し裏面を少し焼きます。

イメージをつかむために「しろくまちゃんのホットケーキ」を読んだクラスもありました。
P1380306_convert_20120607201910.jpg

小学生クラスは自分達でひっくり返しました。
竹串でひっくり返すのが面白かったようで競ってひっくり返していました。
P1380452_convert_20120607202113.jpg


そして皮に餡子とカスタードを塗ってはさんで出来上がりです。
P1380331_convert_20120607201949.jpg


お迎えに来た保護者の方といただきました。
「美味しい~!!」
P1380238_convert_20120607201653.jpg

子ども達も保護者の方も大満足!
みんなあっという間に食べてしまっていました♪

皮は赤糖というきび砂糖の一種を使用。
自然な甘さでとても美味しかったです。


円柱について

わくわく創造アトリエでは、基本形態に沿った活動を行っています。

球→円柱→四角→三角→点・線・面→複合(多種多様な形の組み合わせ)と毎月テーマが変わっていきます。

5月のテーマは《円柱》。

image[3]

円柱は、曲面で成り立っている球体と直面に囲まれいてる立方体(四角形)の両方の要素を兼ね備えています。
円柱のシルエットは、球と同じ円に見える場合と立方体と同じ四角形に見える場合があり
曲線も直線も内在させています。
そのため、転がすことも積むことも出来る形体です。


身近で円柱を探してみると驚くほどたくさんあり、
私達の生活の中で欠かせない形であることにあらためて気づかされます。

親子や兄弟で、円柱探しをしてみてください♪
単純にみえる形探しですが、まったく無関係に見えるものの中に関係性(共通点)を見つけだせるようになり
なかなか面白いですよ。

保育園でビーズ!ビーズ!ビーズ!&積木!

ゆめいろ保育園さんへ第2回目の出張アトリエにいってきました。


今回はわくわく創造アトリエの代名詞である 
和久洋三の積木《WAKU-BLOCK》《ビーズ》
ゆめいろ保育園の皆さんにもぜひ体験してもらいたいと考えカリキュラムを組みました。

園に通う2歳児~5歳児のお子さん20名程度が参加してくれるのですが
2歳児・3歳児さんの人数が多いため
積木で制作の前にボール・ビーズ遊びをしました。


まずはカラーボールを転がします
直方体の積木を斜面に貼って、コリントゲーム
P1380461_convert_20120605115738.jpg

ボールを回収してビーズ流し
ビーズを出すとキャー!と黄色い(?)歓声があがり
そのまま吸い寄せられるように皆ビーズのところへ
P1380464_convert_20120605115830.jpg
ビーズを流したり集めたり
P1380466_convert_20120605115908.jpg

部屋がすごい熱気に包まれていました
子どもの遊ぶパワーに圧倒!
P1380473_convert_20120605115945.jpg


後半は2歳児さんと3~5歳児さんに分かれて
積木で壁沿いに積木で三角お山をつくりました。

2歳児さんは、先生達と一緒に積み上げたり崩したりして遊び
3~5歳児さんは、子ども達だけで大きなお山を積み上げました。

途中から
小さいお山をつくったり
線路をつくったり
高く積んだり
それぞれ自由に遊んでいました。
P1380485_convert_20120605120014.jpg

普段のアトリエの活動(少人数制) や 積木ワークショップ(親子で参加)と違う
集団での積木遊びは今回が初めてで
始める前は、どうなるかと少し心配していましたが、
自然に積木を積んでどんどん遊びを広げていく子ども達の様子をみて感心しました。


どんな活動もそうですが、
大人からみて形になっていなくても
子どもが「楽しかった!」と思える活動をしていこうと思います。



わくわく創造アトリエ相模原プレイルーム

目・鼻・口だけが顔ではない?

アトリエ4月の3回目の活動

親子~幼児・小学生クラスは発泡スチロール球のオブジェをつくりましたが

相模原プレイルームのアートコピカ(小学2年~6年)では
《球》と5月のテーマである《円柱》を組み合わせた紙粘土の首像づくりに挑戦しました。
P1370999_convert_20120528115435.jpg

人の顔を見るとき、まず目・鼻・口などに目がいきます。
絵画の場合だと、目と鼻と口を描けば顔らしくなるのですが、
今回は平面ではなく立体的につくるということで
まず、人の頭部を《球》と《円柱》という見方で観察することから始めました。


これは普段見慣れたものであっても、あまりやったことのない観察で
子ども達にとって新鮮な体験だったようです。

球(カプセル)と円柱(紙管)で土台をつくりました。
それを芯棒にして、紙粘土で首像をつくっていきました。

ただただ均一に粘土を貼っていくと、マイクのような形になり人の顔とは少し異なります。

P1370829_convert_20120601222725.jpg
隣や前に座っている友達の顔を観察したり
頭部の資料を見たりしながら、
少しずつ人の頭部に近づけていきます。
P1380003_convert_20120528115603.jpg

顔の縦横の中心や顎、頬の形、耳の位置など意識し
どこが違うか観察しながら
足りないところに粘土をつけていきます。

みんな初めての体験で、苦戦しながらも楽しんで没頭して取り組んでいました。
P1380001_convert_20120528115530.jpg

一時間半の活動時間では色付けまでいかなかったので
色付けは次回時間をとることになりました。
続きはお楽しみに♪

わくわく創造アトリエ相模原プレイルーム
プロフィール

wakuwakusouzou

Author:wakuwakusouzou
わくわく創造アトリエ吉祥寺プレイルームの活動記録です。


■ホームページ


http://www.kodomotowakuwaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR